喘息とマイコプラズマ・呼吸困難などの違い

Pocket

逆に似たような症状だと、安心していると、喘息に移行してしまうケースもありますから注意が必要です。
ここでは、似たような病気や、発展しやすい病気について紹介していきましょう。

咳や痰が目立つ病気

この病気の特徴は、激しい咳と痰ですね。
しかしながら、咳と痰が目立つ病気は、他にも沢山に存在しています。

例えば百日咳。
近年では、成人を超えてからの発症者が増加しており、報道もされました。
特徴としては、2週間以上という長い期間、激しい咳に悩まされることになります。

他にもマイコプラズマです。
咳にプラスして、高熱が出るところが特徴です。
更に結核も咳が出る典型的な病気。
大きな違いは、微熱が続くということです。
胸部X線で検査をしてみないと識別出来ないため、長く咳と微熱が続いている方は、医療機関で検査してもらうべきでしょう。

呼吸困難を伴う病気

次に、この病気の最大の特徴でもある、呼吸困難になってしまう病気を紹介しましょう。
まずは、心機能が低下することによって引き起こされる肺水腫です。
簡単に言ってしまうと、肺に流れる血液量が多くなって引き起こされるものです。
別名心臓ぜんそくとも呼ばれていることから、症状が非常に似ており、判別が難しい病気です。

そして、慢性閉塞肺疾患、通称COPDです。
この原因は、タバコの煙。
有害物質が肺を刺激し、気管支に炎症を起こすことで、呼吸困難や息切れを引き起こします。

最後に過換気症候群です。
いわゆる過呼吸と呼ばれるもので、過呼吸によって呼吸困難状態になってしまうもの。
強い不安を感じたり、恐怖を感じる。
他にも極度の緊張状態に陥ると引き起こされる病気です。
原因はストレスと言われていますから、ある程度に判断はしやすいと言えるでしょう。

アレルギー性鼻炎には注意

花粉症やハウスダストが原因で引き起こされるアレルギー性鼻炎は特に注意が必要です。
時期などによって、症状が悪化しますし、アレルゲンが増えれば、突如として鼻炎に襲われ、この病気が悪化します。

ハウスダストなどに関しても、自宅のアレルゲンをなくす努力をしていても、他人の家や公共施設、飲食店などで反応してしまう場合があります。

似たような病気と悪化される病気を把握しておく

似たような病気や悪化してしまう病気を把握しておくことで、適切な処置を行うことが出来ますから、これらの病気を覚えておきましょう。